医療福祉

アルツハイマー病

車椅子の人の悩みを解消してくれる段差解消機を導入したいと思っているなら、こちらを利用するといいでしょう。

多くの場所で導入されています。訪問介護ソフトの情報はこちら。仕事の効率を高めたいという場合に検討しておこう。

歳をとるにつれて、段々と記憶能力が低下してきます。高齢者の記憶能力の低下で多く見られる病気が認知症です。
認知症の一つにアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)があります。
アルツハイマー病とは、高齢者に多く見られる病気で、記憶能力・思考力がゆっくり障害されます。
最終的に、日常生活の単純な作業さえも、行えなくなる病気と言われています。
アルツハイマー病患者は、60歳以上で症状が現れます。認知症の原因としてしられています。
アルツハイマー病の経過はみんな同じとは限りません。
しかし、症状は共通の段階を経て現れると言われています。

アルツハイマー病は、進行がとても早いとして知られていますが、身体の状態や生活環境で変わると言われています。
アルツハイマー病による認知症は、主に初期症状・中期症状・末期症状の三段階で進行します。
アルツハイマー病の初期症状は、物忘れや段取り、意思の疎通が出来なくなります。
迷子になったり、同じ質問をしたり、判断力が鈍くなり、このような症状があると多くの場合、アルツハイマー病と診断されます。
中期症状は、個性の喪失と共に、記憶障害が進行してきます。
家族や友人などを認識しにくくなり、新しい状況への対応、記憶ができなくなります。
末期の症状としては、自発性が無くなり。日常生活に大きな支障がでます。
コミュニケーション能力の喪失や、うめき声をあげたり、皮膚感染症などになったりします。
更に、病気が悪化すると家族や友人を認識できなくなります。

介護施設の運営をサポートします!国保連の伝送ソフトを利用するなら断然こちらがオススメ!現場で働く人の、作業効率化にもなりますね。

種類を知る

アルツハイマーの治療法は、未だに分かっていないことが多いです。アルツハイマーなどの認知症の種類は様々です。よく聞く若年性以外にも、脳血管性やピック秒、パーキンソン秒、レビー小体病などもあります。

予防しよう

アルツハイマーにならないために予防が大切です。特に、睡眠と運動が効果的とされています。また血糖値を正常に保つことも大切です。そのため、糖尿病の方はアルツハイマー病になりやすいと考えられています。

治療方法

病気になった場合治療が必要になります。病気にならないために予防をしますが、それでも病気にかかってしまうことがあります。そんな時は自分で何とかしようと思うよりも、病院に行って適切な治療を受けましょう。

医療福祉を考える

病院などで様々な治療を受ける際は医療福祉の環境が整った場所を選ぶと良いとされています。また、アルツハイマー等の治療の場合は進行速度を遅くさせるような予防治療なども同時に行なっていきます。

オススメリンク

ピックアップ